調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

診察料について

私たちは病院や診療所などの医療機関で診察を受ける際に、保険証を提示して診療を受けます。その診療の内容によって診療報酬が決められており、日本全国どこで受けても同じ検査や診療内容であれば、施設基準によっても少しの違いはありますが、ほとんど変わりません。診察内容では違いはないものの、診察を受ける時間帯や初診か再診かによっては、診察料は変わってきます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

診療報酬は点数で決められていて、初診料や再診料、時間外、外来管理などがあり、病院の規模や患者の年齢などによっても変わってきます。6歳以上の人が初診で診察を受けた場合、時間内であれば322点、時間外では437点、休日に診察を受けると602点、深夜では832点と決められていて、時間内と深夜の診療報酬の点数には510点もの差が発生します。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

1点10円で計算するため、深夜に診察を受けるとお金に換算して5100円高くなることになります。もし診療所で診察を受けると、6歳以上では時間内で342点、時間外で457点、休日では622点、深夜だと852点で、こちらも深夜の方が5100円高くなります。病院と診療所の点数を比較すると、全体的に病院の方が200円割高になっていることがわかります。また、初診料は、病院によって400点から40点の加算がされます。再診では、厚生大臣が決めた検査やリハビリ、処置、手術などを行わなかったときには外来管理費として52点、47点、57点の3種類の点数が加算されます。

 

薬剤師国家試験