調剤薬局の診察室の今後

診察室の今後

医師の私物を診察室に置かなくなるため、インテリアとしてもすっきりするといいます。




また、患者の更衣室と診察室が隣接していた場合、診察室での話声が筒抜けであることも問題視されていました。



薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。


診察室の数を増やしてフリーアクセスにすることで、診察が終わると医師が退室するので、患者も急いで着替える必要はありません。


診察室には窓は欠かせない存在だと言えます。階にある診察室は患者のプライバシーに配慮してすりガラスやカーテンがかけられ、外が見えなくなっています。しかし、外の景色が見えることで患者はリラックスでき、不安感が少しゆるみます。

 

薬剤師国家試験