調剤薬局の問診と医療面接の違い

問診と医療面接の違い

これまでは、問診という形を取って必要な情報を聞きました。





身体的な所見を加えてさらに正確な診断を出すという科学的な面を重要視してきました。





薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



最近では医師と患者との間に信頼関係を求められるようになってきています。





問診と医療面接の違いには、化学的な面を重要視しているのか、患者との信頼関係も含めて重要視するのかという点にあります。最近では良くかかりつけの医師を作ることが良いと言われるようになっていて、これも患者と医師の間に信頼関係が求められているからだと言えます。

 

薬剤師国家試験