調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

患者への配慮

診察に伴う不快や疼痛などにも配慮が必要だと言います。診察をする医師の身だしなみも配慮の一つだと言えるでしょう。

 

清潔感のない髪型や服装では、診察と言ってもあまり近づきたくないと考える人がいないとも限りません。また、言葉遣いにも配慮が必要になってきます。特に病気の時は気持ちが落ち込んでいることも考えられるため、そうした気持ちを察した対応が求められます。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

説明にも、患者は専門用語をほとんど知らないため、噛み砕いた説明をしなければ意味は通じにくいと言えます。分かりやすい例えなどを使いながら、患者がしっかりと理解し安心できるように説明する必要があります。

 

診療には、患者のプライバシーや苦痛への配慮も必要です。何か痛そうにしていたらそれを和らげるような体勢にさせたり、横にさせるなどの対応で、患者は医師が自分の痛みを分かってくれると安心することもあります。

 

プライバシーに関しては、診察の様子を他から見えないようにするなどの気配りは基本と言えるでしょう。診療の配慮を忘れないことで、患者との信頼関係を築く土台となります。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸