調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

医療面接

医療面接という言葉を知っていますか?医療機関へ診療へ行ったときに、問診を受けた経験はほとんどの人が持っているでしょう。その際、医師から質問をされ患者がそれに答えると言うかたちがほとんどです。医療面接は医師は聞き手にまわり、患者が積極的に話をする状態を理想としています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

その際に、ただ聞いているだけではなく、話が途切れないようにうまく相槌などを入れながら、話が進むように聞くことが求められています。そして、医師が患者の話に共感し、支持をすることで、患者は安心感を覚えて不安なことや分からないことも医師に伝えるようになります。最終的に医師は患者の病歴などについて質問をし、治療や診療に必要な情報を聞き出すことも重要になってきます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

これまでは、問診という形を取って必要な情報を聞き、身体的な所見を加えてさらに正確な診断を出すという科学的な面を重要視してきましたが、最近では医師と患者との間に信頼関係を求められるようになってきています。問診と医療面接の違いには、化学的な面を重要視しているのか、患者との信頼関係も含めて重要視するのかという点にあります。最近では良くかかりつけの医師を作ることが良いと言われるようになっていて、これも患者と医師の間に信頼関係が求められているからだと言えます。患者も信頼できる医師を探す傾向にあり、医療面接はこれからさらに重要視されると言えるでしょう。

 

ドラッグストア