調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

東洋医学の診察

東洋医学は4千年以上も前から中国で行われているもので、中国の古代哲学から生まれた医学です。東洋医学の診察には四診という診察法があるのだとか。まず1つめが望診と言われるもので、望は見るという意味です。つまり、目で患者の目や顔色、動作、姿勢までも観察し、神気と言われる生命のエネルギーの具合を伺い、患者の容体を判断するのだと言います。もし顔色があまりにも白い場合は、五臓においては肺の病気の可能性を疑うのだといいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

2つめは、聞診があり、聞とは文字通り耳で聞くという意味と、においをかぐという意味も含まれています。これは患者の声や音を聞いたり、体臭なども含めて情報を集めるのだそうです。もし患者の体から焦げ臭いにおいがした場合には、五臓においては心の病気を伺うといいます。3つめは問診といい、問は質問とその回答によって診察を行います。鍼灸は心身全体のバランスが乱れているときに病気を発症すると考えています。辛い症状から食べ物の好み、睡眠の状態、ストレスなど、さまざまな情報を集めます。もし酸っぱいものを好む傾向があれば、肝臓の病気を疑うのだそうです。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

4つめは切診といい、切とは抑えると言う意味なのだとか。これは脈診や腹診などの診療にあたります。特に脈診は鍼灸では最も重要とされており、手首の脈に触れることによりさまざまな情報が集められるといいます。

 

薬剤師 就職