調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

身体所見

身体所見は全身を診察することが重要と言われていて、自分で順番を決めて、見落としのないようにすることが大切だと言います。診察の際には、問診で気になった部分は特に重点的に診察をし、眼底検査や直腸診も行われます。身体所見では、身長や体重も計ります。これは重篤な患者ほど重要なことで、摂取カロリー量や薬剤量、輸液量など治療に必要なことを決めるうえで必要になります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

重症患者ほど最初にきちんと測定することが重要だと言われています。 その他にも、バイタルサインと呼ばれる血圧や脈拍、呼吸数、体温なども診察します。起立性低血圧の疑いがある患者の血圧を測る場合は、立位と腹這いの状態で顔を横に向けて寝た状態である臥位で測定します。また、頭部に関しては形や毛髪、副鼻腔の圧痛や叩打痛、眼では視野や眼球運動、対抗反射、眼底所見などを行います。さらに、耳では聴力や鼓膜、鼻では鼻中隔や粘膜、鼻汁、出血、口腔や咽頭では口腔粘膜、舌、付着物などを診ていきます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

胸部では、胸郭の形や運動の左右差、呼吸音、心音、心雑音を、腹部では腹部の形と触感、肝と脾臓、腎臓の触知、圧痛の有無などを診察します。身体所見では血管までも診察します。触れやすい動脈は全て確認し、特に冠動脈疾患や動脈硬化の可能性のある患者には特に意識して行うことが必要です。ここで挙げたのはほんの一例で、他にも神経学所見や皮膚、四肢など、全身を診察していきます。

 

薬局