調剤薬局の診察料に関する解説するサイト

診察室のあり方

今、フリーアクセス診察室が普及し始めているのだとか。フリーアクセス診察室とは、医師や科目を特定せずに、医師が診察室を移動するというもの。フリーアクセス診察室のメリットとしては、時間や曜日、患者数などによって自由に診察室を割り当てることができるので、診察室全てを利用でき効率的であることや、診療科の増設の時に診察室の再配置がしやすいなどが挙げられます。また、科目を特定しないことから科目の表示ではなく、番号での表示になるため、患者のプライバシーを守ると言うメリットも持ち合わせています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

その他にも、医師の私物を診察室に置かなくなるため、インテリアとしてもすっきりするといいます。また、患者の更衣室と診察室が隣接していた場合、診察室での話声が筒抜けであることも問題視されていました。診察室の数を増やしてフリーアクセスにすることで、診察が終わると医師が退室するので、患者も急いで着替える必要はありません。診察室には窓は欠かせない存在だと言えます。階にある診察室は患者のプライバシーに配慮してすりガラスやカーテンがかけられ、外が見えなくなっています。しかし、外の景色が見えることで患者はリラックスでき、不安感が少しゆるみます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

診察室の声にも注目です。診察室の声が廊下までよく聞こえると言った状況は経験ありませんか?これでは患者のプライバシーはまったく配慮されていません。遮音整備は必要不可欠です。

 

薬剤師国家試験